フロアコーティングにかかる期間

フロアコーティングにかかる期間っておよそどれくらい?だいたいの目安が知りたい! - フロアコーティング工事のおおよその期間

フロアコーティング工事のおおよその期間

新築のおうちを購入、建築したり、もしくはマンションを購入したりして傷が付かないようにフロアコーティングを施工して、いざ入居、と思ったらコーティング材が乾ききっていなくてベトベト、なんてトラブル。実は意外にあるのです。
入居前にコーティングしたいと思ったら、早め早めに業者への発注が必要です。

<フロアコーティングの工期>

コーティングの工期は意外に短く1〜2日で終了します。部屋数が少ないおうちならば半日もあれば十分です。
では、入居の2〜3日前に頼めば大丈夫かと言うと、実はそうではありません。

<完全に乾くまでに時間がかかる>

フロアコーティングは丈夫にするために、丹念に重ね塗りしているので、乾燥にもそれなりに時間がかかります。
オプションなど付いている場合は「翌日には入居可能」と言われることが多いようです。実際、入居は可能です。靴下を履いた足で歩いてもフローリングが痛むことはありません。しかし、一般的なウレタンコーティングの場合、スリッパや靴、大きな家具などをいざ運び入れると、コーティングが傷ついたり汚れたり、よれたりしてしまいます。
コーティングが芯まで乾燥し、性能をいかせるようになるまでは1週間、場合によっては一カ月程度かかってしまいます。
ウレタンよりも丈夫なシリコンコーティングや光沢がなく硬いガラスコーティングも自然乾燥のため、2日〜の期間が必要です。
pkyuyf
最近人気の、ウレタンコーティングにUV照射で乾燥させるという加工を加えたコーティングならば、翌日から入居が可能です。
お財布や入居時期と照らし合わせて、合理的なフロアコーティング方法を選びましょう。そして安心・安全のフロアコーティングはクリーンリバブルでお選びいただけるときっとあなたも満足できるでしょう。
業者選びというのは、非常に重要なものです。ここで失敗してしまうと、あとあとまで尾を引きかねません。そこでここでは、フロアコーディング業者の選び方について見ていきましょう。

<見積もりが怪しいところはやめておく>

フロアコーディングに限ったことではありませんが、「見積書」というのは、その会社のスタイルや方向性を知る上で、非常に大きな手がかりになります。不要な金額が計上されていないか、「標準装備だ」と言われていたものがオプション扱いになっていないか、また、逆に不当なほど安い金額になっていないか、などをチェックします。
業者に悪意がなかったとしても、Aという会社では含まれていなかったサービスが、Bという会社には含まれており、その結果として後者の方が料金が高い、ということはよくあります。それを理解せずにA社に申し込んでしまうと、「サービスが悪かった!」と憤ることになりかねないのです。

<口コミは参考になるのか>

「口コミは参考になるのかどうか」と言う問題ですが、これを100パーセント信じ込むのは、確かに危険です。しかし口コミ数が多い業者というのは、それだけ多くの人が使っているということであり、極端に悪意が込められた口コミも、宣伝目的の口コミも、「平均化される」という特徴があります。そのため、口コミはある程度は参考になる、と考えるべきでしょう。
ちなみに一番いいのは、信頼できる知人友人からの紹介ですね。

更新情報

アーカイブ

フロアコーティングの種類

Copyright(C)2015フロアコーティングにかかる期間All Rights Reserved.